[QDO]ふでこ
最近も練習していないわけではないのですが,どうもすっきりしないことが多く
て身が入りません。
今日は天気の良さにも押されて思い切って行ってきたのですが行ってよかったかな。

まず,最近気持ちよく引けてないのは手の内がどうもぐにゅぐにゅして伸びられ
ないことがあったのですが,筆粉をつけたら手の内がカチッと決まって気持ちよ
い射が出来ました。

また,今は重い弓も引けず,過去に較べて目標を立てづらいところがあったの
で,とりあえず引いた数を勘定することに。
引いているうちに,学生時代の道場ノートは1列20射だったことを思い出して
今日はぎりぎりまで粘って20射引きました。

最後はかなりヘトヘトになっていた気もしますが,引きやすい状態で射を重ねた
ので終わった後も気持ちよい疲れが残りました。
ということでメモ。【8kg/20射】

巻き藁

なんやかやで2週間ぶりでしたが,軽い弓だと勘所がつかめないので8kgにしてみました。
これで何度かやっているときつくなってきて,弓力の衰えを実感。
弓を始めたころはすぐ9kgになって,11kg前後で仲間と弓の取り合いをしていましたが,あの頃は毎日引いてたからなぁ。

巻き藁だと矢どころを見て修正するのが難しく,つい惰性で引いてしまいます。
だいたい斜め前を向いて刺さっているので伸び合いが足りないのかな。
残心で手の内が崩れ気味なのも気になるし。
8kgで気持ちよい離れが出るまではまだ巻き藁だけでいいかなと思っています。

買い物

古びて捨ててしまった道着や壊れてしまったゴム弓を買いに。
先週は地図を頼りに市内の弓具屋さんに初めて行ってみた。
奥のほうでお客さんと話していて何度か声をかけたけど出てきてもらえず。
道着を扱ってるかもよくわからなかったのでそのまま店を出る。
近いのは確かなので,ピンポイントになにか買う機会があれば訪れてもいいかも。

今週は改めて十数年前に訪れたことのある大手の弓具屋さんへ。
ここで一通り道具を揃える事ができました。
帯もあったのとか忘れてて,うろ覚えで同じようなのを買いましたが一度家で試着してみないと着れないかもしれないな。
ゴム弓は座右弓にしてみました。握り皮がついているので握りやすく,角見をきかせても痛くないのがいいですね(^^;

再開

ご指導いただいたことの覚え書きとして。
ていうかはてな記法からして忘れている。

取り掛け…下からずずーと上げてこない。筈のすぐ下でとりかける。
     中指はあまり奥に引っ掛けないで,軽く重ねる程度。
手の内…親指を作って押しているときに一度指が開いている。そのまま押す。
打ち起こし…円相を作り,腕をまるく。打ち起こしはもっと高い位置で。
3分の2…はもっと低い位置で。
離れ…小離れになっている。勝手ももっと大きく開く。

手の内が開いていたのは全然気付かなかった。教えて頂いたようにしたら、親指の根元に堅い力点が出来た感じ。押しやすくなった。でも今日は下押しっぽい刺さり方だったかも。

取り掛けや勝手まわりも怖かったが,7kgということもあり大丈夫そうだ。

ICO -霧の城- 宮部みゆき

ICO  -霧の城-
元のゲームも大ファンなのである。登場人物たちはほとんどしゃべらず,主人公のイコはヒロインの少女の言葉がわからない。だけれども,ちょっとしたしぐさや精緻な描写でお互いの心や物語の背景が伝わってくるのである。未来少年コナンのように,非常に体力に優れた少年がとらわれの少女を救うために身を挺してアクションをするゲームだが,振動機能を使ってヒロインと手をつなぐと彼女の鼓動が伝わってくる。そして,普通のアクションゲームではミスして例えば爆弾を近くで爆発させてしまったりすると,それは失敗に過ぎないのだが,このゲームでそのようなことを何度も繰り返していると,イコがヒロインを救うためにどれだけ傷ついてもひたむきに前へ進もうとしているように見え,深い感動を覚えるのである。
元々のストーリーがそのように深い物語性を秘めているため,正直ゲームの中にも登場するシーンは自分でゲームをしていたときのほうが感動が深い。やはりゲームでキャラクターの視点で世界を見ている方がクリアに伝わってくるのである。ただ,オリジナルのシーンや女王とヒロインの関係について描かれた部分は良かったと思う。ゲームのイコが最初かわいそうでならなかったので,村の描写があり,親友のトトや育ての親たちが彼を愛しているということがわかってよかった。
ゲームの中のシーンがこれだけ出てくるなら,ラストの一連の流れをもう一歩踏み込んで描いて欲しかった。元々のラストは深い哀しみがあり,そしてその後に救いがあるのだが,そこの流れが自分には理解しきれていないので,その宮部みゆきの解釈を見てみたかった。